ネット時代のデジタルプリアンプを作ろう

aeolian design tech blog (https://www.aeoliand.com) 室内音響 音場補正 Dirac Live の話題です

デジタルプリアンプ

Dirac Live で Amazon Music HD を聴こう

Windows 10 に限られてしまいますが,各種ストリーミングサービスを Dirac Live で聴くことができます. SACDに代表されるハイレゾ音源が供給されて久しいのですが,お手頃価格の SACDプレーヤーが手に入りにくくなったいま,もっともお手軽にハイレゾを聴く…

ハイエンドの CD プレーヤーも作ろう(リッピング)

ハイエンドの CD プレーヤーも作ろう ハイエンドの CD プレーヤーも作ろう 高性能な CD プレーヤーとは デジタルプリアンプでの CD 再生の戦略 JRMC の設定をしよう CD のデータを取り込もう(リッピング) リッピングのもう一つのメリット さてここまでの作…

64bit デジタルボリュームの設定

JRiver Media Center のボリューム調整には 64bitデジタルボリュームのモードがあります.アンプのボリュームと違い,ボリュームを絞ってもノイズが発生しないため,これを使用することはとても有効な方法です

5. Dirac Live for Studio の組み込み

添付画像に従い Dirac Live Processor を JRiver Media Center のプラグインとして組み込んで下さい.次にJRiver Media Center でスピーカーから音が出ることを確認し,Dirac Liveで室内音響測定に移ります

4. JRiver Media Center のインストール

Dirac Live for Studio のインストールが終わったので,次に JRiver Media Center の無料評価版(30日間有効)を PCにインストールしましょう.インストール手順は添付画像を参照しながら作業を進めて下さい

3. Dirac Live for Studio のインストール

ライセンス登録が終わったので,Dirac Live for Studio を構成する 2つのソフト,Dirac Live アプリケーションと Dirac Live Processor をダウンロードし,PCにインストールします.手順は添付画像を参照して下さい

2. Dirac Live のライセンス登録

Dirac Live for Studio をインストールしましょう.まず,Dirac Live for Studio 無料お試しライセンスを入手し,Dirac Live アカウントを作成し,ライセンス登録をします.手順は添付画像を参照しながら作業を進めて下さい

デジタルプリアンプを作ろう

実際にPCでデジタルプリアンプを作りましょう.まずは機材を用意します.PC,USB-DAC,測定マイク,マイクスタンド,ケーブルが必要です.JRiver Media Center,Dirac Live for Studio は無料お試し版を利用します

4. 音の到着時間のズレ

室内音響の影響で音の反射により耳に届く音の到着時間にズレが発生し,音質に大きな影響を与え,臨場感が失われ,音源本来のサウンドステージを再現しない.乱れた周波数特性,音のズレを復元することが室内音響問題の解決

3. 音の定位の悪い ブレた音像

室内音響の影響で左右のスピーカーの特性はそろっておらず,再生された音の定位は乱れ,音像はブレている.そのため,臨場感が失われ,音源が本来持っているサウンドステージを再現しない

2. 室内音響が引き起こす問題

実際に耳にする音響特性は測定しないとわからない.典型的な特性は左右のスピーカーの音がそろっておらず,低音の特性は大きく乱れており,音源本来の音を再現せず,デフォルメされた音になっている

室内音響問題とは?

室内音響はオーディオ再生上の最大の問題.部屋が 20dB にもおよぶ大変な悪さをし,オーディオ機器のもつ実力が発揮できない.そのため,いくら性能のよいオーディオ機器や高価なケーブルを買いそろえても効果は大きくない

7. デジタルプリアンプのトーンコントロールはとても強力

トーンコントロールを担う Dirac Live for Studio は音の悪化も位相の乱れも起こさず,音の波形をそのまま伝え,周波数特性はとても細かな調節ができます.更にオーディオ再生上最大の問題である室内音響の問題に対処できます

6. デジタルプリアンプのボリュームは 64bit 処理

音の切り替え,ボリューム,トーンコントロールをデジタル処理するために JRiver Media Center,Dirac Live for Studio を使用.これらは全て 64bit 処理のため,CD の 16bit 処理と比べると,音の悪化はほぼありません

5. デジタルプリアンプとは

プリアンプの機能,音の切り替え,ボリューム,トーンコントロールは全て音を悪化させます.悪化を抑えるためには高価になります.しかし,これらをデジタル的に処理すれば,音の悪化はありません.そんなデジタルプリアンプをPCで作ろう

4. トーンコントロールは音を悪化させる

トーンコントロールは音を少し悪化させ,さらには音の位相を変化させます.そのため音の通過時間が周波数ごとに異なり,元の音の波形を壊してしまいます.また,トーンコントロールは音の全体の特性を変えるため細かな調節ができません

3. ボリュームは音を悪化させる

スイッチもボリュームも音を少し悪化させる.通常,私たちはボリュームを絞って聴くが,ボリュームは絞れば絞るほど音が悪化する.また,ボリュームは絞れば絞るほど音量の細かな調節ができない.

2. プリアンプはなぜ高価なのか?

プリアンプはなぜ高価なのでしょうか.どんな価格帯のアンプにも,音の切り替え,ボリューム,トーンコントロールは着いています.安いアンプと高価なアンプではいったい何が違うのでしょうか.

デジタルプリアンプ事始め -全7回-

PC で高性能のデジタルプリアンプを作っていきましょう.まずは,プリアンプがどのような働きをしているのかを調べてみましょう.すると,音の切り替え,ボリューム,トーンコントロールの三機能だということがわかります