ネット時代のデジタルプリアンプを作ろう

aeolian design tech blog (https://www.aeoliand.com) 室内音響 音場補正 Dirac Live の話題です

室内音響

音楽プロデューサー:ラミ・ヤコブ,Dirac Liveを語る(2)

世界的な音楽プロデューサーになるというのは,どこにいても音楽を作るということ 2/25/2021 (2nd version) 世界的な音楽プロデューサーになるというのは,どこにいても音楽を作るということ Rami Yacoubは,高い評価を得ているアーティストと仕事をする中で…

音楽プロデューサー:ラミ・ヤコブ,Dirac Live を語る(1)

Rami Yacoub,画期的な室内音響最適化ソフトウェア Dirac Live for Studio を使ってスタジオ音響を完璧にする方法を語る 2/25/2021 (※ 2021年 8月 Dirac Live for Studio は Dirac Live Room Correction Suite と名称が変わりました) ブリトニー・スピアー…

4. 音の到着時間のズレ

室内音響の影響で音の反射により耳に届く音の到着時間にズレが発生し,音質に大きな影響を与え,臨場感が失われ,音源本来のサウンドステージを再現しない.乱れた周波数特性,音のズレを復元することが室内音響問題の解決

3. 音の定位の悪い ブレた音像

室内音響の影響で左右のスピーカーの特性はそろっておらず,再生された音の定位は乱れ,音像はブレている.そのため,臨場感が失われ,音源が本来持っているサウンドステージを再現しない

2. 室内音響が引き起こす問題

実際に耳にする音響特性は測定しないとわからない.典型的な特性は左右のスピーカーの音がそろっておらず,低音の特性は大きく乱れており,音源本来の音を再現せず,デフォルメされた音になっている

室内音響問題とは?

室内音響はオーディオ再生上の最大の問題.部屋が 20dB にもおよぶ大変な悪さをし,オーディオ機器のもつ実力が発揮できない.そのため,いくら性能のよいオーディオ機器や高価なケーブルを買いそろえても効果は大きくない