ネット時代のデジタルプリアンプを作ろう

aeolian design tech blog (https://www.aeoliand.com) 室内音響 音場補正 Dirac Live の話題です

Dirac Live

Dirac Live 搭載アンプ

Dirac Live を使いたいのだけど,PC ではなく,組み込まれた製品はないのかという方のために調べてみました. 取扱店に行けば Dirac Live の試聴ができるかもしれません. Dirac Live のユーザーは欧米に 20万人 Dirac Live は日本ではほとんど知られていま…

Dirac Live の使いこなし(1) -測定編

Dirac Live の欠点 正しい音響測定 適切なターゲットカーブ 音響測定の前に スピーカーのセッティング 測定マイクのセッティング Tightly Focused Imaging Focused Imaging Wide Imaging マイクの方向 Dirac Live の欠点 もう少し暖かい音にならないのか.低…

Dirac Live で Amazon Music HD を聴こう

Windows 10 に限られてしまいますが,各種ストリーミングサービスを Dirac Live で聴くことができます. SACDに代表されるハイレゾ音源が供給されて久しいのですが,お手頃価格の SACDプレーヤーが手に入りにくくなったいま,もっともお手軽にハイレゾを聴く…

Dirac Live のよくある質問

Dirac Live についてのよくある質問 Dirac Live についてのよくある質問 Dirac Live は私のオーディオシステムの性能を上げてくれますか? では,Dirac Live は何をしてくれるのですか? Dirac Live は私のオーディオシステムのセッティングの問題を解決して…

音楽プロデューサー:ラミ・ヤコブ,Dirac Liveを語る(2)

世界的な音楽プロデューサーになるというのは,どこにいても音楽を作るということ 2/25/2021 (2nd version) 世界的な音楽プロデューサーになるというのは,どこにいても音楽を作るということ Rami Yacoubは,高い評価を得ているアーティストと仕事をする中で…

音楽プロデューサー:ラミ・ヤコブ,Dirac Live を語る(1)

Rami Yacoub,画期的な室内音響最適化ソフトウェア Dirac Live for Studio を使ってスタジオ音響を完璧にする方法を語る 2/25/2021 (※ 2021年 8月 Dirac Live for Studio は Dirac Live Room Correction Suite と名称が変わりました) ブリトニー・スピアー…

Dirac Live のバージョン履歴

Dirac Live のバージョン履歴 最新の Dirac Live アプリケーションはバージョン 3 シリーズになります. このページでバージョン履歴を紹介していきます. v3.0.0 (2020/6/3) Dirac Live Bass Control 正式対応 ユーザーインターフェースの改良 テキストフィ…

15. Dirac Live for Studio 室内音響最適化 まとめ -完-

Dirac Live は音場補正 室内音響最適化ソリューションとしては優れた製品です.費やした費用に対してこれほどのレベルの音の改善を実現する方法を他に知りません.私の部屋の音響に与えられた効果は,私の耳にもわかるし,測定可能です

14. Dirac Live リスニングテスト:スティーヴィー・レイ・ヴォーン

Dirac Live による効果をリスニングテストにより検証.スティーヴィーレイヴォーンの Tin Pan Alley では,スムーズに聞こえる素晴らしいベースラインです.また広い最適化エリアで聴いても,優れた空間イメージングは崩れません

13. Dirac Live リスニングテスト:レベッカ・ピジョン

Dirac Live による音場補正,室内音響最適化の効果をリスニングにより検証する.レベッカ・ピジョンの Spanish Harlem ではベースギターの音が,低音域音量のバランスが適切になり,低音の一音一音が簡潔に,かつ均一に聴こえる

12. Dirac Live による最適化のリスニングテスト

Dirac Live による音場補正,室内音響最適化の効果をリスニングテストで検証.マドンナの Power of Goodbye では,Dirac Live を有効にすると低音のレスポンスがすべての周波数でそろい,しっかりとした力強い低音が得られた

11. Dirac Live による時間応答最適化の検証

Dirac Live により音場補正 室内音響最適化された時間応答領域での効果を検証する.その結果,マルチウェイのユニット間の時間のズレが補正され,ステップ応答の立ち上がりが完全にタイムアライメントされていることがわかる

10. Dirac Live による最適化の検証

Dirac Live による音場補正,室内音響最適化の効果を検証します.その結果,定在波による低域の特性ががすっきりとし,左右のスピーカーの特性もそろい,スタジオ音響標準規格に準拠するようになった

9. Dirac Live による最適化の検証測定

Dirac Live for Studio は 8個のフィルターを保存でき,音楽を再生しながら瞬時に切り替えることで,その効果が容易に検証できる.また,Dirac Live による音場補正 室内音響最適化の効果を REW により再測定し,検証をおこなう

8. Dirac Live による時間特性の最適化

Dirac Live で周波数特性のみならず,時間特性がどのように音響補正され,最適化されるかを検証する.その結果,Dirac Live は定在波,室内共鳴,初期反射など,時間特性もうまく最適化することがわかった

7. Dirac Live による部分的な補正

Dirac Live による全周波数帯域の補正ではなく,部分的な周波数帯域で補正を行い,その違いをみる.また,広いリスニングエリアでの音響測定も行い,最適化 補正フィルターを設計,生成し,音響補正効果の違いを後に検証する

6. Dirac Live 最適化フィルターの設計と生成

複数の地点で音響測定された室内音響特性を分析しながら,リスニングエリアで目標とする周波数特性を設計し,最適化 音場補正フィルターを生成する.その後,ホストに組み込まれた プラグインに生成されたフィルターをエクスポートする

5. Dirac Live による室内音響の測定

選択した音響最適化エリアに従い,リスニングエリアの複数個所で音響測定を行う.その後,音響測定値に基づきリスニングエリアでの目標周波数特性を設計します.ホームオーディオの場合フラットな特性は理想的ではありません

4. Dirac Live による音響測定の準備

Dirac Live により音響測定をするために,まずホストに組み込まれた Dirac Live Processorと接続し,測定マイクを選択した後,スピーカー音量とマイクゲインを適切に調整.その後,音響最適化エリアを選択する

3. Dirac Live for Studio の構成

Dirac Live for Studio は VST プラグインの Dirac Live Processor と 音響測定し,補正フィルターを生成する Dirac Live アプリから構成され,直感的なウィザードにより簡単に音響測定,音場補正が可能

2. 室内音響問題とDirac Live

オーディオ再生上最大の問題,室内音響問題に対し,音場補正,室内音響最適化ソリューション Dirac Live は周波数特性,時間特性を最適化し,多点の音響測定により,広い領域で音の定位の優れた,真のサウンドステージを届けます

Dirac Live for Studio デジタル室内音響補正の検証 -全15回-

Audiophile Style に ミッチ バーネットが投稿した Dirac Live のレビュー記事,Dirac Live for Studio デジタル室内音場補正の検証-全15回-を,ご本人の承諾の元,抄訳でご紹介します